Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+5Share on Tumblr

「今年の秋、私は日本を再び訪れ、未知の体験をする予定です。
私が最も愛する作品の一つであるショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番という難曲に、生まれて初めて音楽を職業としないアマチュアの音楽家たちと共に取り組むのです。

ただし、ショスタコーヴィチという条件を提示したのはこの私です。意欲にあふれる日本の優秀な市民音楽家たちと幸福な時間を共有し、この記念すべき演奏会への出演を提案してくれたこのオーケストラの古い友人に最大限の敬意を示すには、この作品を演奏することこそが最もふさわしい、私は熟慮の上そのような結論に達したのです。

ショスタコーヴィチと聞いて、彼らは興奮し、また同時に恐怖も感じているようです。未熟な演奏家でも何とかなる曲では全くないということを彼らも十分に理解しているからでしょう。あまりに熱心に練習しすぎて自分の本来の職を失わないように、というのが私に今できる精一杯のアドヴァイスです(笑)。

敬愛する日本の聴衆の皆様、エキサイティングな我々の挑戦をどうか楽しみにしていて下さい。」

2015年5月 ワディム・レーピン

PHILHARMONIA AETERNA創立20周年記念演奏会
指揮   十束 尚宏
ヴァイオリン独奏 ワディム・レーピン(特別友情出演/招聘:株式会社AMATI
曲目   ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調
     ベルリオーズ:幻想交響曲
     十束 尚宏:新作
日時   2015年11月7日(土) 18:00開演(17:30開場)
会場   ミューザ川崎シンフォニーホール

チケット 全席指定 S¥5,000 A¥3,000 【チケットぴあにて好評販売中】Pコード273-012
20周年記念演奏会専用チケット申込アドレス repin@phil-aeterna.org

主催   フィルハーモニア・エテルナ